ビーントゥバーの素晴らしさに触れてください!

Column

カカオ豆の産地訪問やビーントゥーバーの事など語っていきます。

はじめまして!
新人(仮?)の森永といいます!
今いろいろと大変な時に会社に入りたての自分に何が出来るか?と考え、チョコロンブスのこと、チョコレートが好き、興味のある方に知ってもらえるよう、私がチョコレート職人になるまでのいろいろを発信していこうと思います(^^)/

チョコレート大好きですが、ビーントゥバーのことはまだまだ知識不足なのでこれからの成長を見守ってくださると嬉しいです(^^)/


カカオは、アオギリ科に属する常緑樹です。
学名の Theobroma(テオブロマ) はギリシャ語で「神様 (theos)の食べ物 (broma)」という意味。おぉ〜 ^^

カカオの樹は高さ約6~10m。
小さな小さな白い花を幹・枝の区別なく咲かせ、これを幹生花(かんせいか)と言います。なので、カカオの実は幹に直接実がなる幹生果なのです。


カカオの蕾はこんなにちーっちゃいんです。
シャーペンの先っちょと変わらなくくらいにちっちゃい。


花もやっぱりちっちゃい。
下向きに咲いています。なんて可憐な。


年がら年中花を咲かせ、その数千とも言われてますが、結実率は1%未満とか。この小さな花の受粉は虫によってのみ行われる虫媒花で、小さな花だからその虫も小さな虫だけになります。
ほら、結実してあかちゃんの実が膨らんできました。パチパチ ^^


そしてラグビーボールくらいにおっきくなるのです。あのちっちゃな花から、不思議です〜。
ほら、あっちにぷらぷら。こっちにぷらぷら ^^

ちなみにカカオの実のことをカカオポットといいます。
実は1本の木でも違う品種のカカオができたりするんです。


カカオポットの鈴なり〜。
もう少し熟すと、黄色や赤い色をつけます。緑もありますが。

以上、メキシコ チアパス州ソコヌスコのカカオ農園より〜 ^^




ローストしたカカオ豆は、写真左下から、胚乳(ニブ)、胚芽(ジャーム)、皮(ハスク)からなります。
胚芽(ジャーム)は硬くて雑味のもとになるので、丁寧に取り除きます。
ちなみに私たちの間では、胚芽のことをエリンギちゃんと呼んでます ^^ 干からびたエリンギの形に見えるでしょ。


1つのカカオ豆に、1つの胚芽(ジャーム)があります。
てっぺんのとこ、ちっちゃい穴が空いてるとこ、ここにあります。


バットに広げて、目で確認しながら、ピンセットを使って皮のかけらや胚芽、よくないニブを取り除いていますが、なかなか根気のいる作業です。
それでもエリンギちゃん、見〜つけたっ♡って思わず並べたりなんかしてるんです。
美味しいチョコレートにな〜れ、と思う気持ちが、なんでも楽しい作業にしてくれます ^^


2020.2.1号のサンデー北九州に掲載していただきました。

先日チョレート検定チョコレートエキスパートのライターさんが、取材にこられました。
チョコを試食いただきながら、それはそれは話が盛り上がりました ^^


ばっちり包装紙も強調していただいてうれしいです ^^

福岡版にも掲載していただいているとか。
ありがとうございました。